車を購入する上での注意点を解説致します。

自動車保険の選び方

車に乗る以上、自動車保険に加入することは現在の日本において必須事項になってるといっても過言ではないでしょう。保険は長い間つきあう長期的な商品なのに対してその実態があまりよくわからない商品とも言えます。また、日本の保険会社だけでなく海外から参入したいわゆる外資系の保険会社も次々と自動車保険に参集してきており、現在日本では自動車保険は競争激化の状態にあると言えるでしょう。それに伴ってよい商品を出せば複数の保険会社がまねをして同じような商品を出すという現象が起こっており、違う保険会社でも商品の内容はほとんど同じ、といった消費者にとっては迷惑きわまりない状態になっており、非常に選びにくくなっています。皆さんはどのようなことに注意をして保険会社を選んでいますか?大々的にCMを多く流している大手の保険会社が、良い会社とは限らないのです!ここではそんな自動車保険を選ぶポイントについて解説していきたいと思います。

車両保険は入るべきか

保険の種類はとても様々で、車と車の事故なのか、それとも対物なのかにもよりますし、そのほかにも年齢や、運転手を限定する保険のプランなど様々でどのプランに入ればよいのか解らないという人がほとんどでしょう。全ての条件を網羅した保険も存在することは存在するのですが、そのような保険は当然保険料も高くよほどのお金持ちや、命を大事にしている人でない限りは加入することは難しいと思います。そのため保険に入るときには自分の運転の傾向や、その車を誰が使うのかなど、色々なことを考えた上で自分に合う保険を探す必要があります。

 

例えば車両保険などの車そのものを保証するという場合には、ある程度その車体自体が効果でないと意味が無いと言うことになりかねません。保険料は一回ではなく長く払っていく物ですので、安い車に車両保険をかけてもいざ事故に遭ったときや、故障したときなどにその修理代よりも、払ってきた保険料の方が高いなんて事になる可能性もあるからです。一般的に車両保険に加入する時には、400万円以上の車に掛けるというのが良いようです。それ以下の値段だと保険料の方が高くなってしまう事があり得るとうことになるのです。

 

しかし、保険の種類や、場合によってはそのような高級車でなくても有効な場合もあります。例えば200万円の車でも、通勤など毎日使っている人は、当然その分事故に遭う可能性が高くなります。さらに運転があまり得意な人が乗っていなかったらどうでしょう。その場合は支払っている保険料が安いうちに事故に遭う可能性が高いため、事故を起こすことを見越して車両保険に加入しておくというのも、一つの手です。逆に400万円以上の高級車でも月に1回乗るかどうか・・といった使用頻度が低い場合には、事故に遭う可能性がきわめて引くため車両保険はいらなくても大丈夫かも知れません。このように保険を考える上では、基本的に自分の置かれている状況を細かく分析して慎重に決める必要があるといえます。

車に乗ると絶対に避けられないのが事故や故障です。万が一、事故に遭った場合でも保険に入っていたり、故障した車の廃車処理をあらかじめ決めておくと安心です。廃車の手続きって結構時間と手間がかかるのです。保険も廃車処理もいざというときの為に前もって考えておきましょう。

recommend

The Litch House
http://www.d-clinic.org/